関節リウマチ 治療

関節リウマチとは?

関節リウマチ(以下「リウマチ」)は、免疫の異常により、主に手足の関節が痛んだり腫れたりする病気です。進行すると、軟骨や骨が壊れて関節が動かせなくなり、日常生活も大きく制限されます。また、炎症は関節にとどまらず、目や肺などの全身にひろがることもあります。

リウマチのかかり始めには、からだがだるい、熱っぽい、食欲がない等の症状が続いたり、朝方に関節の周囲がこわばることがあります。その後、小さな関節が腫れ、やがて手首や肩、ひじ、足首やひざ、股関節等全身の関節に拡がっていきます。ちなみに、「リウマチ熱」という病気がありますが、これは溶連菌という細菌の感染により起こる病気で、関節リウマチとは違います。

リウマチが痛み出す3つの原因は?

そもそもどうしてリウマチ・神経痛は朝晩に痛みだすのでしょうか?それには3つの原因が考えられます。

原因1 冷え性体質が体温を低下させる
 なんと30歳以上の女性の大半が冷え性をかかえており、リウマチ・神経痛・関節痛に悩む女性の約80%が冷え性に悩んでいます。

原因2 血行不良が関節の柔軟性を低下させる
 冷えによる血行不良が手足から始まりひじやひざ、腰など寝ている間に関節の柔軟性を奪っていきます。そして、寝返りを打ったり、痛みで体を動かしている間に無理な体勢をとってしまい、痛みや腫れがひどくなることもあります。

原因3 睡眠不足によるストレスが免疫を悪化させる
 睡眠中の痛みにより、何度も目を覚ましたり、浅い眠りとなったり・・・睡眠の質を低下させることによるストレスがリウマチや神経痛の大敵です。結果、翌朝の関節の痛みや腫れを悪化させている原因となっているのです。

リウマチ・神経痛・冷え性治療の方にオススメな薬用入浴剤kankaiです!

だから、リウマチ・神経痛の自宅温浴治療を目指すためには、入浴時に体をしっかり温めて血行と関節の柔軟性を良くし、ストレスのない質のいい睡眠をしっかりとることがとても大切です。そして、痛みや腫れのないすがすがしい朝を迎えて、活動的に家事や仕事ができることがリウマチ、神経痛による人間関係改善やノンストレスの秘訣です!

そこで誕生したのが、リウマチ・神経痛・冷え性治療中の方にオススメな薬用入浴剤kankaiです。この温浴効果で、翌朝まで冷えを防ぎ、質の良い、リラックスした睡眠が得られます。リウマチや神経痛をきにしない毎日が現実のものにできます。そして、家族や人間関係が改善できるのです。

 

サイトマップ